英語は、必要にさえ迫られれば誰でも使えるようになります。|英語の勉強法インタビュー

● 英語の勉強法:英語は、必要にさえ迫られれば誰でも使えるようになります。

こんにちは。田村恵理子です。

英語の勉強方法について様々な方にお話をうかがって、ブログにインタビュー記事を不定期連載しています。

今回は、英語でケンカもしたことがある!というこちらの方に、インタビューさせていただきました。

「夫の浮気をやめさせ、幸せな夫婦生活を取り戻す5つの方法」の野口伸雄さんです。

英語の勉強法インタビュー

野口さんは、以前のお仕事で、よく、海外に長期で出張することがありました。

アメリカやシンガポールを中心に、いろいろな所に行かれたそうです。

サウジアラビアには、最長15ヶ月も行かれていたそうです。出張というよりも、住んでいた、に近いですよね。

サウジアラビアの公用語はアラビア語ですが、お仕事では当然、英語になります。

実は、野口さんは、英語でケンカもしたことがあるそうです。

でも、今は英語でケンカは無理ですよ、とニコニコしながら言われます。

そんな野口さんですが、中学生のときは英語が嫌いだったそうです。

なぜかというと、中1のときの英語の先生が嫌いだったから。

2年生、3年生になっても、英語は嫌いだったそうです。

どこで取り戻したのか?というと、受験勉強!だそうです。

半強制的に勉強しないといけない状況は、きついですが、実力がつきますよね。

受験勉強はもちろんですが、お仕事で、使うとなれば、なおさらです。

野口さんが、ご自身のブログに、こう書かれていました。

少し前になりますが、私は今の仕事を始める前、英語を結構使う仕事をしていました。

技術系で、海外に大きな設備を作るような仕事を、していました。

その関係で、英語を話す機会も多かったのです。

そういうとき、感じていたことです。

英語は、必要にさえ迫られれば、誰でも使えるようになる、ということです。

英語を使うというのは、正しい英語を文法通り使うということとは違います。

要するに、必要な情報のやり取りができれば良いのですね。

英語をお仕事で使われていた方だからこそ、「必要な情報のやり取りができれば良い」という言葉は、説得力があります。

そうそう。面白い話も伺いました。

野口さんは、サウジアラビアでも、ゴルフをされていたそうです。

ゴルフでは、ボールを入れるホールがある所を「グリーン」といいます。

ところが、当時、サウジでゴルフをしたときは、芝ではなく柔らかめの土だったそうです。基本的に砂漠ですからね。

そこで、「グリーン」ではなく「ブラウン」と呼んでいたそうですよ ^ ^

面白い話をありがとうございました。

野口さんは、今は、夫婦問題のカウンセリングをされています。

夫婦問題!という言葉に引っかかったら、野口さんのメルマガがオススメです。



TOEICテスト勉強法!3ヶ月で100点アップする方法メールマガジン登録フォーム
苗字(本名)  *

苗字のみで結構です。ご本名でお願いします。
メールアドレス  *

東京、青山一丁目、渋谷、表参道、新宿三丁目、麻布十番、横浜、スカイプ、ズームで短期集中トイック対策のコンサルティング、レッスンをしています。新形式TOEICテスト対応。

トーイック対策リーディング、リスニング、スピーキング、通訳案内士、英語プレゼンテーション、ピッチ、ビジネス英語、初心者からのマンツーマン英会話。オンライン・レッスン可。

このブログの記事をメールで受信できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加