英語の勉強法:ハワイアン・リボンレイと、子供英語教室の先生に、インタビューさせて頂きました。

● 英語の勉強法:ハワイアン・リボンレイと、子供英語教室の先生に、インタビューさせて頂きました。

こんにちは。田村恵理子です。

今も、昔も、ハワイは海外旅行の行き先として人気があります。

のんびりとリラックスして、暮らすように過ごせる点が、魅力なのかもしれません。

ビーチ、ショッピング、ドリフィンスイム、ホウェールウォッチング、トレッキングなど、楽しみ方も様々です。

100人の英語ストーリーその9では、ハワイが大好きで、何度も訪れているという方に、インタビューさせて頂きました。

「東京・埼玉ハワイアンリボンレイ教室!初心者からリースもレッスン」の菅原詩子さんです。

英語の勉強法:ハワイアン・リボンレイと、子供英語教室の先生に、インタビュー

ハワイアン・リボンレイ教室の他に、子供英会話教室も主催されています。

菅原さんは、今でこそ、英会話を教えていますが、留学経験もなく、元々は、そこまで英語ができるというわけではなかったそうです。

そんな菅原さんの、これまでの英語との関わりを伺いました。

小学生の時、訪問販売の人が来て、子供用の英語教材を買ってもらったことが、ありました。カセットテープの教材です。なんとなく、聞いていた覚えはあるそうです。

中学生、高校生の時の、英語の成績は、そこそこでした。教科では、英語よりも国語が好きでした。

洋楽のビートルズは、好きで、よく聞いていました。

中学3年生の夏から、受験のために、塾に通いはじめました。

塾に行ってみると、勉強ができる人が沢山いました。自分は、井の中の蛙だったな、と感じました。

いつの頃からか、海外に興味をもつようになりました。

特に、英語が得意というわけでは、ありませんでした。

高校では、英語がよくできるクラスメートが、先生から目をかけられている様子を見て、くやしく思いました。

同じく高校生のとき、ニュージーランドの交換留学制度に応募しました。ところが、選ばれずに、残念な思いをしました。

大学に入る時は、国際関係学部にも興味がありましたが、それは、かないませんでした。

結局、大学では経営を専攻しました。

大学時代は、国際交流イベントに積極的に参加しました。

知らない人、知らない国を知ることが、面白いと思いました。

各国からの留学生と日本人学生が、一緒に5日間、ディスカッションをしたり、交流したりするイベントにも参加しました。

開催地が青森だったこともあり、お父さまは反対されましたが、その反対を押し切っての参加でした。

そのイベントで、上海出身の友人ができて中国に興味を持ちました。上海に、旅行にも行きました。

他大学の学園祭で、餃子を作って模擬店で売ったことも、ありました。楽しい思い出です。

学生時代は、色々なことにチャレンジされたのですね。

お話の中に、 「くやしくて」という言葉がよく出てきました。負けず嫌い、そして、好奇心。それが菅原さんの原動力なのかもしれません。

ご結婚されて、お勤めをやめてからも、様々な分野の新しいことにチャレンジしました。

サーフィン、フラダンス、ファイナンシャルプランナー、アロマ、洋裁。幅広いです。

何か、自分で、やりたいという思いもありました。

その1つとして始めたリボンレイが、今は、お仕事になっています。

そして、こども英会話教室もスタートしました。

ハワイアンリボンレイも、英語も先生という意味では同じですね。

先生というお仕事は、向いていると思われるそうです。以前、幼稚園の先生になりたいと思っていた時期もありました。

英語教室をスタートしてから、ご自分でも、とっさに英語が出てくるようになったそうです。

ごく短いフレーズでも、口に出して言っていると、全然違うのですね。

ハワイアン・リボンレイや、英語を教えながら、ご自身も、ますますパワーアップされているようです。

ハワイアン・リボンレイのメルマガでは、初めてでも可愛くて素敵なリボンレイを作るコツが分かります。

子どもがグングン英語と国語好きになる10の方法は、こちらです。



TOEICテスト勉強法!3ヶ月で100点アップする方法メールマガジン登録フォーム
苗字(本名)  *

苗字のみで結構です。ご本名でお願いします。
メールアドレス  *

東京、青山一丁目、渋谷、表参道、新宿三丁目、麻布十番、横浜、スカイプ、ズームで短期集中トイック対策のコンサルティング、レッスンをしています。新形式TOEICテスト対応。

トーイック対策リーディング、リスニング、スピーキング、通訳案内士、英語プレゼンテーション、ピッチ、ビジネス英語、初心者からのマンツーマン英会話。オンライン・レッスン可。

このブログの記事をメールで受信できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加