「ネイティブ発音」科学的上達法  藤田佳信/著

こんにちは。田村恵理子です。英語の発音に関連のある本のレビューをしています。

この記事は、こちらの本の感想記事となります。

「ネイティブ発音」科学的上達法  藤田佳信/著

ブルーバックス 2014年9月

この他にも英語の発音に関連のある本のレビューは、こちらの記事にまとめています。

ネイティブ独特の「英語の響き」は、ダイナミックな口筋の動きと、メリハリを効かせた“省エネ発音”が生んでいる。日本語特有の「控えめな」筋肉の使い方から脱出して、英語らしく響かせる「口」と「舌」を手に入れよう。初学者はもちろん、中級以上の「壁」を破るのにも最適な「ストレッチ式」を、開発者が初公開!

発音に必要な筋肉を大袈裟に働かせる「ストレッチ式」発声法のトレーニングについて説明されています。

「ストレッチ式」のストレッチとは、筋肉のストレッチアウトと、強い母音のストレッチアウト(引き延ばし発声)のことです。引き延ばして発声する母音を何個も連続表記したり、アクセントのある部分を大きい文字で表記したりする、独特の表記法が使われています。

気軽に手に取りやすいブルーバックス文庫ですが、発音の本としては、図よりも文章でも説明が多めです。「声紋閉鎖音」などの専門用語も使われています。この本のみでは、初心者は若干とっつきにくいかもしれません。内容は、シュワ母音や、tの様々な発音についても丁寧に説明されています。

大学の授業や、大学外での講座等を受けた方の、サブテキストとしての利用を想定しているのかもしれません。

以前は、サポートページにトレーニング動画もあったようですが、2020年11月現在は、確認できませんでした。

 .

TOEIC初心者が100点アップするための7つの法則 初心者のみならず、中級者にもご好評いただいています。 TOEIC初心者が100点アップするための7つの法則
新形式TOEICパート7対策の10週間講座

田村恵理子 TOEIC対策の英語レッスン 医学部系予備校講師、特許翻訳を経てフリーランス英語講師。英検1級TOEIC満点。
生徒さまの実績 ・1年以上900点の壁を超えられなかった方が、3ヶ月で925点 ・1年以上ベストスコアを更新できなかった方が120点アップで700点台 ・数年間600点の壁が越えられなかった方が、2ヶ月でいきなり695点
この他にも多数のTOEIC点数アップの体験談はメルマガでお届けしています。 英語力もスコアも上昇した30人の物語
北海道、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、静岡、新潟、石川、富山、愛知、兵庫、愛媛、大阪、奈良、三重、香川、広島、山口、宮崎、福岡、鹿児島からご受講いただいています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP