3ヶ月で100点アップできるTOEICメルマガの詳細はこちらをクリック!

TOEIC前日の悪あがき?直前対策!

● TOEIC前日の悪あがき?直前対策!

「前日にできる足掻きってありますか?」とご質問いただきました。

はい。前日、当日にできることも、まだまだあります。

せっかくテストを受けるのですから、テスト前のプレッシャーも、うまく利用して、英語の勉強を進めてください。

TOEIC勉強法は、メルマガでたっぷりお届けしています。

初受験、または、久しぶりのTOEICテストの場合

問題形式を把握しておく

2016年5月から、TOEICテストが新形式になりました。すでに3年経つのですね。

初めて、または久しぶりにTOEICテストを受験される場合は、少なくとも、問題形式はみておきましょう。

TOEIC公式問題集を時間を計って、解いてみられると、よいです。

TOEICテストの形式に慣れておくだけでも、スコアは上がります。

本当に、それだけで100点くらい上がることもあります。

テスト1回分の問題を解く時間がとれない場合は、各パートの一部だけでも構いません。ぜひ、解いてみてください。

ここは、絶対におさえておくべき

特に、おさえておくべきなのは、各パートの問題の説明です。

TOEICテストは、問題の説明(Directions)も英語です。

そして、各パートの問題の説明は、公式問題集も本番のTOEICも同じです。

事前に、しっかり理解しておくと、本番での余裕がもてます。

テスト本番では、問題の説明は聴かなくてもよい、あるいは読まなくてもよいくらいにしておかれると、余裕が持てます。

TOEICテストを何度か受験して、問題形式は把握している場合

すでに、問題形式は把握していて、TOEICテストの勉強をしている場合は、これまでの復習をされるとよいです。

たとえば、単語帳で、以前に覚えていなかった単語の復習、TOEIC用の問題集で、以前に解いた時に間違えた問題の復習などです。

できなかった所のみに集中することで、短時間で効率よく復習できます。

耳慣らしもポイント

直前には、耳も英語モードに慣らしておくとよいです。

できれば公式問題集のリスニング音源を使われるとよいです。

すでに解いてある場合は、スクリプトを見ながら聞いて、リピーティングやシャドウイングをしましょう。

まだ解いていない場合は、リスニング問題を解いて見てから、同様にリピーティングやシャドウイングをしましょう。

睡眠はしっかり!その上で、最後まで伸びます

TOEICテストは、集中力が要求されますから、睡眠はしっかり取ってください。

ご自分の体調もベスト・コンディションに持っていくようにしつつ、最後まで諦めずに粘ってください。

普段から勉強されている方は、音読も英語モードに切り替えるのに有効です。

公開テストの時、会場に早めに行って、ウォーミングアップ代わりにPart7の音読を15分くらいしました。そうしたら、リスニングが普段よりかなりよく聞こえましたし、先読みもいつもよりスムーズにできました。

改めて音読の効果を実感した瞬間でした。

この方は、見事900点を達成されました。おめでとうございます。

TOEIC前は、伸びるチャンス!

実は、テスト前後は、モチベーションも上がりますし、英語力を伸ばすチャンスでもあります。

TOEICテストを受けるのでしたら、行けるところまで進めておきましょう。一気に伸ばせます。

あなたも、早くTOEICテストで目標点を達成して、その先の目標に向かって進んでください。

そのための近道は、TOEIC勉強法メルマガで、お届けしています。テストに向けてのラストスパートで、一気に英語力を伸ばしてください。

TOEIC勉強法は、メルマガでたっぷりお届けしています。