オンラインTOEIC IPテストは、マークシート(紙)のテストと何が違うの?【2020年4月からオンライン受験可能に!】

● オンラインTOEIC IPテストは、マークシート(紙)のテストと何が違うの?【2020年4月からオンライン受験可能に!】

こんにちは。田村恵理子です。

2020年4月から TOEIC IPテストにオンライン受験が導入されました。オンラインテストは、個人受験は今の所ありません。団体受験のみです。

オンラインのTOEIC IPテストでは、テスト時間が2時間から1時間に短縮されており、CAT (Computer Adaptive Test) 方式です。

なお、これまで通りの紙のマークシート形式のテストも、TOEIC IPテストには存続しています。

この記事では、TOEICリスニング&リーディングテストのIPテストのオンライン受験についてまとめます。

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

TOEIC対策講座

 TOEICのIPテストといっても種類は色々

初めに IP テストについてご説明します。

TOEICテストには、TOEIC公開テストとTOEIC IPテストがあります。

TOEIC IPテストとは、団体特別受験制度のことです。

基本的に、IPテストは個人受験はできません。

IPテストを受験できるのは、IPテスト実施団体の所属メンバです。会社や学校などですね。

個人でIPテストを受験したい場合はこちらの記事をご覧下さい。

なお、TOEICリスニング& リーディングのみならず、TOEICスピーキング& ライティング(Speaking & Writing Test)テストにも、TOEIC Bridge テストにも IPテストがあります。

TOEICテストの種類については、こちらをご覧ください。

TOEICスピーキング& ライティングテストについては、こちらをご覧ください。

TOEICブリッジテストについては、こちらをご覧ください。

下記の表のテスト回数は、2019年までの実施状況です。

TOEICテストの種類

2020年以降は、新型コロナ感染症拡大の影響により、年間実施回数などのスケジュールが年によって異なります。たとえば、2020年のTOEICリスニング& リーディング公開テストは2月から8月まで中止が相次ぎ、9月以降は定員制となり先着順や抽選制で実施されました。午前午後の1日2回の実施も導入されました。

2020年の実際のTOEIC公開テストの実施状況はこちらにまとめています。

2021年は定員制、抽選制で1日2回午前午後の実施となり、回数は増えました。

TOEIC L&RテストのIPテストには、マークシート形式とオンライン形式があります。

この記事では、TOEIC L&RテストのIPテスト、特にオンライン方式のIPテストについてまとめます。

TOEIC L&R IPテストの詳細については、こちらをご覧ください。

TOEIC リスニング&リーディング(L&R)テストのオンライン方式IPテストは、2020年4月から導入されました。

この記事では、TOEIC L&Rテストのオンライン方式のIP テストについてまとめていきます。

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

TOEIC IPテストは、いつ、どこで実施?

IPテストの試験日程や会場は、一律に決められているわけではありません。

IPテストを行う団体、すなわち企業や学校英会話スクールなどの団体が日程や会場を設定できます。

なお、団体で受験するからと言って、必ずしも IPテストであるとは限りません。

TOEIC IPテストではなく、公開テスト団体一括受験申込の形式で受験する場合もあります。その場合は、通常の公開テストの会場、日程のいずれかで受験します。

TOEIC公開テストの場合は事前に会場と日程が決められています。

TOEIC公開テストの日程については、こちらの記事をご参照ください。

オンラインのTOEIC IP テストの試験時間は2時間から1時間に!

マークシート方式のTOEIC IP テストの試験時間は、公開テスト同様に約2時間です。

リスニングの試験時間が約45分、リーディングの試験時間が75分です。

オンラインのTOEIC IPテストの試験時間は約1時間です。

テスト時間が2時間から1時間に短縮されています。リスニング試験が約25分でリーディング試験が37分です。

オンラインテストには、CAT (Computer Adaptive Test) が採用されています。

テストの前半の正答率により、受験者によってテスト後半の問題が異なります。それによりテスト時間が短縮されています。具体的には、前半(Unit One)は全員同じ問題25問、後半(Unit Two)は前半のテストの正誤に応じて受験者ごとに異なる20問が出題されます。

TOEIC IP テストのテスト開始時刻と終了時刻は、IPテスト実施団体が任意に設定できます。

TOEIC対策講座

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

TOEIC IPオンラインテストの結果はいつ分かる?

TOEIC IPテストは公開テストよりも結果発表が早いです。

オンラインのIPテストの場合は、試験終了後その場でパソコンの画面にスコアが表示されます。

マークシート方式のIPテストの場合は、実施団体からテスト問題や解答などの一式が送り返されてから5営業日後にオンラインで結果を見ることができます。受験者に結果がいつ伝えられるかは、実施団体によります。

なお、公開テストの場合、原則として試験の17日後にウェブ上で結果を確認できます。

TOEIC IP 試験のスコアは、公開テストの点数と同じ意味?

点数の意味は公開テストもIPテストも同じ

TOEIC IPテスト結果のスコアも、公開テストと同様に990点満点で表されます。

TOEIC IPテストには、公開テストの過去の問題が使用されています。そのため、受験人数が少ない場合にも、きちんとスコア判定ができるわけです。

TOEICのスコアの意味、すなわち点数の表す英語力レベルも公開テストと同じです。

TOEIC IP テストでは公式認定証がもらえない?

スコアを証明する公式認定証(Official Score Certificate)は、公開テストのみで発行されます。

TOEIC IPテストでは、マークシート方式でもオンライン方式でも公式認定証は発行されません。

その代わりにマークシート方式のIPテストでは紙のスコアレポート (個人成績表)が発行されます。

オンライン方式のIPテストでは、試験終了後、その場でパソコンの画面上にスコアが表示されます。また、後日、結果をPDFファイルでダウンロードすることができます。

公式認定証は写真入りですが、スコアレポートには写真は入りません。またオンライン方式の場合の結果PDFにも写真は入りません。写真の提出が不要ですから、当然といえば当然ですね。

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

大学受験や、資格試験の英語テストの免除にTOEIC IP テストの結果は有効?

英語テストの免除や加点の条件としてTOEICスコアが挙げられている場合、IPテストの点数でも提出可能か否かは各試験の主催団体の方針によります。早めに確認しておきましょう。

例えば、通訳案内士の英語の筆記試験の免除要件となるTOEICスコアは、公開テストのみです。

通訳案内士試験の英語一次試験免除要件の詳細は、こちらをご覧ください。

履歴書にTOEIC IP テストのスコアを書いてよいのか?

TOEIC IP テストも、公式のTOEICテストです。何も指定されていない場合は、履歴書にスコアを書いても構いません。ただし、IPテストである事は明記しておきましょう。

ただし、企業によっては、 IP テストは不可と規定しているかもしれません。また、公式認定証のコピーの提出が必要になる場合もあります。

TOEICスコアを証明する公式認定証はTOEIC IP テストでは発行されません。

TOEICスコアが応募の条件に記載してある場合、公式認定証の要否について、応募先の企業に事前に確認しておくと安心です。

TOEIC IP テストと公開テストの料金

TOEIC公開テストの受験料は一律ですが(リピータ割引はあります)TOEIC IP テストの料金は実施団体の設定によって異なります。

英会話スクールなどの実施団体は、試験監督の手配、会場費や管理費などを上乗せして受験料を設定する場合もあります。

また、企業内で社員用に実施する場合は、逆に受験料の一部または全部を企業が負担する場合もあります。企業によっては無料で受験できる場合もあります。

TOEIC IP 試験で注意すべきこと

TOEIC IP テストをオンライン方式で受験する場合、パート3やパート4で、設問の先読みができません。よって、聞いた内容を一時的に記憶しておく必要があります。

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

TOEIC IPテストの疑問点

個人はオンライン受験できないの?

2022年2月2日現在、オンライン受験はIPテスト、すなわち団体受験のみです。

ただし、他の語学試験では、新型コロナ感染症の流行でオンライン個人受験が導入されたケースもあります。TOEICも個人のモニタによるTOEICオンラインテストも実施されました。今後、もしかしたら、個人でのオンライン受験も可能になるかもしれません。

TOEIC IP テストは、新形式になっていますか?

2022年現在、TOEIC公開テストもIP テストも新形式となっています。

新形式テストは、韓国と日本で2016年5 月29日のTOEIC公開テスト(Public test)からスタートしました。

TOEIC IPテストでの新形式テスト導入は、日本では約1年後の2017年4月にスタートしました。韓国でも2017年にスタートしました。

2018年には、TOEICテストが実施されている世界各国で、TOEICテストが新形式となりました。

新形式TOEICの変更点や、問題形式については、こちらをご覧ください。

TOEIC IP オンラインテストの難易度は?

IPテストでは公開テストの過去問が再利用されます。したがって、難易度はTOEIC公開テストとTOEIC IP テストで同じはずです。

ただし、オンライン方式とマークシート方式の形式の違いから、人によって得意不得意は出てくるでしょう。

第1に、オンライン方式の方は1時間と、マークシート方式テストの時間の半分です。時間が短い方が楽に感じる場合も多いでしょう。

第2に、リスニングパートのパート3、4で設問の先読みはできません。

パート3や4の解き方の好みなどによりマークシート方式とオンライン方式のいずれかが不得手だと感じられるかもしれません。

コンピュータで受験するという方式への慣れもあるでしょう。これは、1、2回受験すれば慣れるでしょう。たとえば、マークシートテストを全く初めて受けた時は、鉛筆でマークを塗りつぶすという方法に戸惑ったかもしれません。しかし、慣れた今となっては簡単にできるはずです。

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

TOEIC Listening & Reading IPテスト一言FAQよくある質問

TOEIC L&R オンライン方式IPテストのテスト時間はマークシート方式テストと同じ2時間ですか?

いいえ。TOEIC IPオンライン方式テストのテスト時間は1時間です。CAT (Computer Adaptive Test)の導入により試験時間が半分となっています。

TOEIC L&R オンライン方式IPテストの結果はいつ分かりますか?

TOEIC L&R オンライン方式IPテストの結果スコアは、受験後すぐに画面に表示されます。また後日、結果をPDFファイルでダウンロードできます。

TOEIC L&R オンライン方式IPテストは何点満点ですか?

TOEIC L&R オンライン方式IPテストは、TOEIC L&R公開テストや、マークシート方式のTOEIC L&R IP テストと同様に990点満点です。

TOEIC L&R オンライン方式IPテストは個人で受験できますか?

いいえ。TOEIC IPテストは団体受験です。TOEIC IPテストを実施する団体に所属している人のみ受験できます。

TOEIC L&R オンライン方式IPテストの難易度は?

基本的には公開テストやマークシート方式の IP テストと同じです。しかし試験時間や、コンピュータ受験であること、先読みができないこと等から、個人レベルで得意不得意はあるかもしれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOEIC3ヶ月で100点アップする方法

TOEIC勉強法10日間メール講座をお届けします。
お名前(名字のみ)とメールアドレスをご入力ください。

ツール

TOEIC関連の記事

  1. TOEIC Part7長文リーディング対策!新形式の問題構成、時間配分と解き方のコツ

  2. TOECの勉強はじめの1ヶ月は…【第3話】

  3. TOEICの勉強を始めて、しばらくたった時に何をすべきか

  4. TOEIC点数がなかなか上がらない時【第39話】

  5. 900点目指す場合のリスニングとリーディングの配分、そして、すべきこと【第13話】

  6. TOEIC時間配分は?

  7. 大人が英語の発音を学ぶときの話【第28話】

  8. 英会話スクール、英語学校のメリットとデメリット【第26話】

  9. TOEIC通信講座!初心者から900点までの学習方法のお勧め!

  10. 継続は力なり!TOEIC英語の勉強を続ける最強の方法は?【第8話】

TOP