パート7講座 桃色と柚子色の公式問題集対応版リリースしました!

新形式TOEIC Bridge テストとは?2019年6月リニューアルで変更あり!

● 新形式TOEIC Bridge テストとは?2019年6月リニューアルで変更あり!

こんにちは。田村恵理子です。

TOEIC L&Rテストや、TOEIC S&Wテストは、ビジネスの場面が多く登場します。中学生、高校生には、興味を持ちにくいテーマが多いかもしれません。

中学生、高校生は、英検やTOEIC Bridge テストという選択もあります。TOEIC Bridge テストは、英語初級者向けのテストです。

基本的には、大学生や社会人の方には TOEIC Bridge よりも通常のTOEICの方がお勧めです。TOEIC Bridge は年間の公開テスト実施回数も実施会場数も少ないため、受けづらいという事情もあります。

これからTOEIC対策の勉強を始める場合は、こちらもご参考になさってください!

TOEIC対策講座

しかし、大学生、社会人でも、通常のTOEICテストが難しく感じて、勉強が嫌になってしまいそうな場合、かつ、のんびりマイペースで勉強したい場合は、TOEIC Bridge テストからスタートする選択肢もあります。

たとえば、通常のTOEIC L&R テストを2回以上受験しても500点に届かず気が重い場合は、TOEICブリッジも選択肢の一つでしょう。

TOEIC Bridge テストは、2019年6月から形式が変わりました。

TOEIC Bridgeテストのリニューアルのお知らせは、こちらです(英文)。

 

TOEIC Bridge テストとは?

TOEIC Bridgeテストは、初・中級者向けの日常の場面で使う英語のテストです。

たとえば、外食、娯楽、住居、会社、買い物、技術、旅行などの場面が出題されます。通常のTOEICテストとは違って学校(大学?)の場面も登場するようです。

いつからTOEIC Bridge は変わったの?

TOEIC Bridge 公開テストの新形式への切り替え時期

TOEIC Bridge 公開テストは、2019年6月から新形式テストに切り替えられました。

TOEIC Bridge IPテストの新形式への切り替え時期

TOEIC Bridge の IPテストは2020年4月まで旧形式で継続します。その後、新形式に切り替わります。

TOEIC Bridge テストはどうなるの?

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能テストになります。

TOEIC Bridge テストは、2019年6月から変わりました。聞く・読む・話す・書くの英語4技能を測定するテストになりました。

それまではなかった SpeakingとWriting のテストも設けられました。

TOEICテストと同じように、Listening & Reading テストと、SpeakingとWriting テストを別に受験する形になります。

新形式TOEIC Bridge の具体的な内容は?

新形式TOEIC Bridge の公式問題集は2019年4月にリリースされました。

TOEIC Bridge テストの詳細

2021年2月までは、公開テストは新形式、IPテストは旧形式となります。

新形式TOEIC Bridge テストのテスト時間

TOEICテストと同じように、Listening & Reading テストと、SpeakingとWriting テストは別のテストとなります。

新形式TOEIC Bridge Listening & Reading テスト時間は約1時間です。

リスニング 約25分間
リーディング 35分間

新形式TOEIC Bridge Speaking & Writing テストのテスト時間は約52分です。

スピーキング 約15分間
ライティング 約37分間

新形式TOEIC Bridge テストの問題数

新形式TOEIC Bridge Listening & Reading テストの問題数は100問です。

リスニング 50問
リーディング 50問

 

新形式TOEIC Bridge Speaking & Writing テストの問題数は17問です。

それぞれの内訳は以下の通りです。

スピーキング 8問
ライティング 9問

 

新形式TOEIC Bridge テストの配点とスコア

L&R、S&Wのどちらも100点満点に

新形式のTOEIC Bridge テストは、Listening & Reading、Speaking & Writing共に100点満点となりました。

なお、最低点は0点でも5点でもなく30点です。

新形式TOEIC Bridge Listening & Reading テストの点数は30点から100点の1点刻みのスコアとなります。満点は100点です。

新形式TOEIC Bridge Speaking & Writing テストの点数は30点から100点の1点刻みのスコアとなります。満点は100点です。

旧形式TOEIC Bridge のテスト時間

旧形式TOEIC Bridge のテスト時間は約1時間でした。TOEIC L&R テストの半分です。

旧形式TOEIC Bridge テストの問題数

旧形式TOEIC Bridge の問題数は100問でした。TOEIC L&R テストの半分です。

旧形式TOEIC Bridge テストの配点、満点のスコア

旧形式 TOEICブリッジの点数は180点満点でした。

リスニング、リーディングそれぞれ90点満点で、トータルで180点満点でした。

TOEIC Bridge のスコアを換算するとTOEIC L&R テスト何点?比較表

2000年から2005年の、日本と韓国でのランダムサンプル調査結果です。

なお、この調査結果は、旧形式テストの得点で調査されたものです。180点満点の時代です。ご注意ください。

TOEIC Bridge 90 100 110 120 130 140 150 160
TOEIC L&R 230 260 280 310 345 395 470 570

上のスコア比較表の元の調査はこちらです。

トーイックBridge テストの受験料

新形式トーイックBridge テストの受験料

Listening & Reading 公開テスト 4860円 (税込)

Speaking & Writing 公開テスト 9180円 (税込)

TOEIC Bridge IPテストの受験料は、主催団体によって異なります。

旧形式トーイックBridge 公開テストの受験料(参考)

4320円 (税込)

TOEIC bridge IPテストの受験料は、主催団体によって異なります。

TOEIC Bridge テストの過去問、サンプル問題

TOEIC Bridge テストの過去問は公開されていません。

サンプル問題は、TOEIC公式ページで公開されています。

TOEIC公式ページのTOEIC Bridge サンプル問題は、こちらです。

TOEIC Bridge テストの日程、申し込み、会場など

TOEIC Bridge Testは、年4回、全国13都市(札幌・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡)で開催されます。

TOEIC公式サイトのTOEIC Bridge 今後のテスト日程と申し込みは、こちらです。

繰り返しになりますが、大学生や社会人の方は、基礎からやり直す初心者の方を除き、基本的にはTOEIC Bridge はお勧めしていません。

通常のTOEIC リスニング&リーディングテストを受けても大丈夫なケースがほとんどです。

TOEIC初心者さんは、まずは、こちらをご参考になさってください。

TOEIC Bridge テストよくある質問FAQ

TOEIC Bridge テストは、リスニングとリーディングのみですか?

新形式のTOEIC Bridge テストは、聞く・読む・話す・書くの英語4技能を測定するテストになりました。

通常のTOEICテストと同じように、Listening & Reading テストと、SpeakingとWriting テストを別に受験する形になります。

新形式TOEIC Bridge テストは、何点満点ですか?

TOEIC Bridge テストは、Listening & Reading、Speaking & Writing それぞれ100点満点です。

TOEIC Bridge テストの試験時間は、どれくらいですか?

新形式TOEIC Bridge Listening & Reading テスト時間は約1時間です。リスニングが約25分間、リーディングが35分間です。

新形式TOEIC Bridge Speaking & Writing テストのテスト時間は約52分です。スピーキングが約15分間、ライティングが約37分間です。

TOEIC Bridge テストは、年に何回開催されていますか?

TOEIC Bridge Testは年4回開催されています。

TOEIC研究室メルマガ

体験談には、人を動かす力があります。

英語をがんばる30人以上のメッセージをメルマガでお届けします。学習法のヒントも、たっぷり詰まっています。

名字(ご本名)とメールアドレスを入力し subscribe ボタンをクリックして下さい。

メルマガ読者さんの声

「945点。予想以上に伸びて嬉しいかぎりです。」

「TOEIC600点は、思ったよりも、ずっと近くにありました。」

「だいぶ伸びていました。嬉しいです。」

「目標スコア達成です。これで〇〇〇の試験へ自信を持って臨めます!」

TOEIC研究室メルマガの詳細はこちらです。

 .

田村恵理子

TOEIC対策の英語レッスン

医学部系予備校講師、特許翻訳を経てフリーランス英語講師。英検1級TOEIC満点。

生徒さまの実績

・1年以上900点の壁を超えられなかった方が、3ヶ月で925点
・1年以上ベストスコアを更新できなかった方が120点アップで700点台
・数年間600点の壁が越えられなかった方が、2ヶ月でいきなり695点

この他にも多数のTOEIC点数アップの体験談はメルマガでお届けしています。

英語力もスコアも上昇した30人の物語

初心者のみならず、中級者にもご好評いただいています。

TOEIC初心者が100点アップするための7つの法則

TOEIC初心者が100点アップするための7つの法則


TOEICテストPART7対策講座

新形式TOEICパート7対策の10週間講座


TOEICテスト対策の個人相談

TOEICテスト対策のメール個人相談

マンツーマンTOEIC対策レッスン

お問い合わせ

メール info@gengotips.com


北海道、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、静岡、新潟、石川、富山、愛知、兵庫、愛媛、大阪、奈良、三重、香川、広島、山口、宮崎、福岡、鹿児島からご受講いただいています。

TOEICテスト情報
TOEIC研究室