1. TOP
  2. 英語の勉強法インタビュー
  3. 英語の勉強法:わからなかったら聞けばよい、というのが根底にあります。

英語の勉強法:わからなかったら聞けばよい、というのが根底にあります。

● 英語の勉強法:わからなかったら聞けばよい、というのが根底にあります。

こんにちは。田村恵理子です。

100人の英語ストーリその24です。

あなたの英語学習のヒントにしてみてくださいね。

英語を道具として使いこなしてお仕事をされていた、おもてなしのプロにお話をうかがいましたよ。

一流ホテル直伝!リピート率80%を超える接客マナーが身につく方法 奥武志さんです。

奥さんは、平日の宿泊客は8割が外国人、上司も外国人の外資系の一流ホテルで、11年勤務されました。

VIP担当バトラーまで務めたおもてなしのプロです。

そんな奥さんの英語ストーリです。

中学生の時は、基本的に勉強が嫌いでしたが、英語だけは勉強しました。楽しかったのです。

元々、人付き合いやコミュニケーションが苦手だったのですが、日本語ではない別の言語でコミュニケーションを取れるのが面白いなと思われたそうです。

中3の時の英語の先生は、授業を英語のみで進めました。生徒たちは、イエスと言うのも恥ずかしがる雰囲気でした。当時としては珍しいタイプの先生でした。

高校に進学しても、やはり英語だけは面白いと感じていました。

英会話スクールに興味があったのですが、周りに通っている人もおらず、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

結局、そんなに行きたいなら、とお母さまが後押しして下さり、英会話スクールに通い始めました。

小さいスクールで、外国人の先生1人に生徒3人くらいでした。他の生徒は、社会人や大学生です。はじめはかなり緊張しましたし、全く話せず、ホントに単語だけ口に出す感じでした。

難しい文法を使わなくても、間違ってもいいから喋ろうよ、という先生の指導もあり、とにかく必死に話しました。

そのうち、英語を話すことに抵抗感がなくなってきました。

中学で習った単語と文法だけでも、意外と会話が成り立つことに気づいたのです。

スクール以外でも、少しずつ自分でチャレンジしてみました。

道で迷っている外国人を見かけた時、以前だったら避けていたのですが、近くに行ってみるようになりました。

自分からは声をかけませんでしたが、声をかけられたら道案内しました。

高校卒業後、奥さんは英語の専門学校のホテル科に進みます。

文法、会話、ホテル英語など、毎日ネイティブの先生による授業がありました。きっちり教えてくれる先生、変なスラングばかり教えてくれる先生など、様々でした。

授業中は日本語禁止です。専門学校の2年間でリスニングはかなり慣れました。

生徒同士も下の名前で呼ぶので、仲良くなるのも早く、やはり英語でコミュニケーション取るのは面白いと感じました。

毎日英語で話すうちに、英語でコミュニケーションをとることに慣れてきました。

ホームステイや留学には行きませんでしたし、難しい表現や単語を勉強したわけではありません。

間違ったら恥ずかしいとか、分からなかったらどうしようという気持ちが、話せば話すほど、なくなっていったのです。

間違っても間違っちゃった!と言えばよくて、わからなかったら聞けば良いのだ、と腑に落ちました。

英語を話すときに、このような気の持ち方が大きいと気づけたのが、一番大きな収穫でした。

このマインドが、その後ホテルで働きはじめてからも、すごく役に立ちました。

ホテルでは、はじめレストランに配属されました。外国人の来店も多いレストランでした。

人数を聞いて、席に案内し、オーダーをとるなどの通常の英語対応は、専門学校でも習いましたし、最初からある程度できましたが、予想外の質問をされることもありました。

そのようなイレギュラーな対応は、実地で覚えていきました。

新しいメニューができると、各部署の英語担当者が英訳を作り、皆に配ります。それを覚えたり、その他にも調べたり聞いたりして覚えていきました。

週一回英語の先生が各部署を回り、手があいた人を集めて、料理や日本食の説明などのミニレッスンをしてくれました。

必要な表現を習い、覚えて、使ってみる。それがとても良かったのですね。

ゲストに聞かれて答えられなかったこと等も教えてもらい、皆でシェアしました。

多少うまく行かないことがあっても、海外のゲストは、オッケーとおおらかに許してくれるケースがほとんどでした。

経験を積むうちに、より一層、そんなに心配しなくていいと分かってきました。

やがて、奥さんは、研修を受けてVIP担当バトラーも務めるようになりました。

VIP在中は常にポケベルを持ち、本人か、お付きの人に呼ばれたらすぐに部屋に向かいます。

必要な手配をしたり、ゲストの外出中には、部屋のメンテナンスもします。いわば、動くコンシェルジュです。

某国プリンセスから直々にサンキューレターを頂いたこともありました。

その時のポイントも、コミュニケーションにあったようです。

奥さんはプリンセスの外出中、残っているお付きの人と、たくさんコミュニケーションをとりました。話を聞いたり、困っていることを聞いて対応したり。

プリンセスにとって、お付きの人は家族のようなもの。彼女たちのケアもしたことが、喜んでもらえたのですね。

ゲストが英語で言われたことが分からないことも、もちろんあります。

発音のトレーニングはしましたので、英語がすごく話せると思われて、すごく早口で話しかけられることもあります。

ただ、わからなかったら聞けば良いというのが根底にあるので、落ち着いて対応できるのです。

聞き返すのもコミュニケーションの一つなのですよね。

TOEICの勉強をしている方に向けて、奥さんは、せっかく勉強した単語や表現などを使わないと、もったいないですよ、と言われます。

間違ったら間違っちゃった!と言えばよくて、わからなかったら聞けば良いのです。

あなたもぜひ、街中など、色々な所でどんどん英語を使ってみてくださいね。

そして、どんなお仕事でもお客さまがいます。英語のスキルも大切ですが、最終的な目的はお客さまに満足してもらうことですよね。

奥さんのメルマガには、お客さまに満足していただくためのコツが満載ですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

TOEIC研究室の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TOEIC研究室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 英語は、必要にさえ迫られれば誰でも使えるようになります。|英語の勉強法インタビュー

  • TOEIC930点OLの英語の勉強方法!TOEIC500点台から900点台まで

  • 文系出身で、通訳から、IT、工業分野の翻訳を経て医薬の翻訳者になった akoron さんにインタビュー

  • 英語の勉強法:ホームステイは、様々な国や文化の人を20人ほど受け入れました。

  • 翻訳も通訳も現場で覚えました。フリーランス医薬翻訳者にインタビュー!

  • お前が聞き取れよ!お前の国の言葉なんだから、と思います。英語の勉強法インタビュー