現役の通訳案内士の方にインタビューさせていただきました。

● 現役の通訳案内士の方にインタビューさせていただきました。

こんにちは。田村恵理子です。

2020年の東京オリンピックも、近づいてきました。

今から英語力を磨けば、東京オリンピックでボランティア通訳もできます。

本気でがんばれば、通訳ガイドとしてお仕事をすることも、できます。

現役の通訳案内士である、藤木紀衣さんに、インタビューさせて頂きました。

藤木さんは、東京オリンピック開催が決まってから、本気で頑張って、通訳案内士の資格を取られました。

TOEICテストも、何度もチャレンジして、1年と少しで、220点もアップされたそうです。

通訳案内士の英語の筆記試験は、TOEICスコア840点以上で、免除されます。

追記:2018年から、TOEIC免除要件が変わる予定です。詳細は、こちらの記事をご覧ください。

全国通訳案内士(ガイド)の制度、試験科目、試験日、体験記

英検1級でも、英語の筆記試験が免除されます。ただし、多くの方にとって、英検1級よりも、TOEIC840点の方がカンタンなはずです。

そうそう。通訳案内士の合格率は、近年、高くなっています。免除科目が増えた影響もあるのでしょう。

また、来年の1月から、通訳案内士の業務独占は、廃止されます。

「通訳案内士」という名称は、引き続き、資格を取った人のみが名乗れますので、差別化は、図れるかもしれません。

いずれにしても、通訳案内士の資格を取っても、ライバルが多い状況には、なりそうです。

藤木さんが通訳案内士の資格を取ったのも、2015年の試験ですから、比較的最近です。

やはり、資格を取っても、引く手あまたという訳には、いかなかったそうです。

新人の通訳案内士として、色々と大変なお話も、うかがいました。

それでも、藤木さんは、現役の通訳案内士として、お仕事を楽しんでいらっしゃるようです。

通訳案内士をしていて、うれしい瞬間についても、たくさん、お聞きしました。

外国からのお客さまに、日本の文化を紹介して、感謝されるお仕事です。幸せなお仕事ですよね。

追記:インタビュー記事を公開しました。こちらです。

通訳案内士インタビュー!TOEICスコア220点アップで晴れて通訳ガイドに!

英語の勉強法インタビューは、不定期に連載中です。

インタビューその30から39のインデックスは、こちらのページで、ご覧いただけます。

英語の勉強法インタビューその30から39

 

 .

こちらから、TOEIC勉強法10日間メール講座(無料)にご登録できます。お名前は苗字のみご入力ください。
TOEIC勉強法10日間メール講座の詳細はこちらをご覧ください。
TOEIC勉強法メール講座
新形式TOEICパート7対策の10週間講座
TOEICパート4講座

 .

田村恵理子
医学部系予備校講師、特許翻訳を経てフリーランス英語講師。英検1級TOEIC満点。
生徒さまの実績
・1年以上900点の壁を超えられなかった方が、3ヶ月で925点
・1年以上ベストスコアを更新できなかった方が120点アップで700点台
・数年間600点の壁が越えられなかった方が、2ヶ月でいきなり695点
この他にも多数のTOEIC点数アップの体験談はメルマガでお届けしています。
北海道、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、静岡、新潟、石川、富山、愛知、兵庫、愛媛、大阪、奈良、三重、香川、広島、山口、宮崎、福岡、鹿児島からご受講いただいています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP