結果のオンライン発表日はいつ?インターネット、郵送でTOEICスコアを確認できる日程一覧|2021年度版

● 結果のオンライン発表日はいつ?、インターネット、郵送でTOEICスコアを確認できる日程一覧

こんにちは。田村恵理子です。

2021年5月23日実施の第268、269回TOEIC L&R公開テストの結果は、6月8日にネットで発表されました。結果の郵送は6月22日頃発送予定です。

TOEICパート7講座|600点、700点の壁を突破!念願の800点、900点達成も|パート7が得点源に!

TOEIC対策講座

ネットでのTOEIC結果発表は、TOEICスクエアで確認できます。申し込み時にテスト結果をインターネット表示で利用するよう設定しておく必要があります。

TOEIC Square には、こちらからログインできます。

この記事では、2021年のTOEIC Listening & Reading 公開テストの発表日についてまとめています。

TOEICテストは、公開テストの他に団体受験の IP テストもあります。

TOEIC IP テストについては、こちらの記事をご覧ください。

TOEIC公開テストの感想と結果2020年版は、こちらに掲載しています。

なお、この記事の下の方でも、点数別に、これまでの結果のご報告へのリンクを掲載しています。

2021年度(令和3年度)のTOEIC Listening & Reading テストの日程と結果発表日

2021年(令和3年)1月から、2022年3月までのTOEICスケジュール一覧表です。

テスト日 申込期限 結果発送予定 ネット発表(予想)
260回 ’21年1月10日午前 11月16日 ’21年2月9日 ’21年1月27日
261回 ’21年1月10日午後 11月24日 ’21年2月9日 ’21年1月27日
262回 ’21年2月28日午前 12月28日 ’21年3月30日 ’21年3月17日
263回 ’21年2月28日午後 ’21年1月12日 ’21年3月30日 ’21年3月17日
264回 ’21年3月21日午前 ’21年2月1日 ’21年4月25日 ’21年4月7日
265回 ’21年3月21日午後 ’21年2月8日 ’21年4月25日 ’21年4月7日
266回 ’21年4月25日午前 ’21年3月1日 ’21年5月20日 ’21年5月12日
267回 ’21年4月25日午後 ’21年3月8日 ’21年5月20日 ’21年5月12日
268回 ’21年5月23日午前 ’21年3月29日 ’21年6月22日 ’21年6月9日
269回 ’21年5月23日午後 ’21年4月5日 ’21年6月22日 ’21年6月9日
270回 ’21年6月20日午前 ’21年4月26日 ’21年7月20日 ’21年7月7日
271回 ’21年6月20日午後 ’21年5月10日 ’21年7月20日 ’21年7月7日

2020年度(令和2年度)のTOEIC Listening & Reading テストの日程と結果発表日

2020年(令和2年)9月から、2021年3月までのTOEICスケジュール一覧表です。2020年は、日程に大きく変更がありました。ご注意ください。

 

テスト日 申込期限 結果発送予定 ネット発表(予想)
252回 9月13日 7月21日 10月13日 9月30日
253回 10月4日 8月11日 11月2日 10月21日
254回 10月25日午前 8月31日 11月24日 11月11日9日
255回 10月25日午後 9月7日 11月24日 11月11日9日
256回 11月15日午前 9月28日 12月15日 12月2日
257回 11月15日午後 10月5日 12月15日 12月2日
258回 12月6日午前 10月19日 ’21年1月5日 12月23日
259回 12月6日午後 10月26日 ’21年1月5日 12月23日
260回 ’21年1月10日午前 11月16日 ’21年2月9日 ’21年1月27日
261回 ’21年1月10日午後 11月24日 ’21年2月9日 ’21年1月27日
262回 ’21年2月28日午前 12月28日 ’21年3月30日 ’21年3月17日
263回 ’21年2月28日午後 ’21年1月12日 ’21年3月30日 ’21年3月17日
264回 ’21年3月21日午前 ’21年2月1日 ’21年4月20日 ’21年4月7日
265回 ’21年3月21日午後 ’21年2月8日 ’21年4月20日 ’21年4月7日

2020年は、オリンピック、パラリンピックの日程を考慮して、当初から例年とスケジュールが違いましたが、covid19流行の影響により、さらに変更がありました。ご注意ください。

11月15日実施の第256、257回TOEIC L&R公開テストの結果は、12月3日(木)にネットで発表されました。結果の郵送は12月14日に発送されました。オンラインでの発表は、通常は試験日から17日後ですが、日米の休日などの影響で 遅れることもあります。 11月分の発表がいつもより遅かったのは感謝祭 thanks giving day の影響かもしれませんね。

メルマガでも、読者さんのTOEICテスト点数アップ体験記を、たっぷりお届けしています。

体験記の一部は、本サイトの記事でもご紹介しています。

600点台を達成したメルマガ読者さんの声

900点を突破したメルマガ読者さんの声

結果発表は、いつ、どこで、どんな方法で?

閲覧方法は、郵送と、オンラインの2種類

郵送での結果発送日

公式ページでは、「テスト結果はOfficial Score Certificate(公式認定証)として、試験日から30日以内に発送します。」とされています。

また、TOEIC公式ページでは、各回のテストについて、結果の発送予定日が記載されています。

結果を早く知るためには?

最速、最短で結果を確認するためには、オンライン発表の方が、郵送よりも早いです。

ただし、オンライン発表は、誰でも閲覧可能というわけではありません。事前に設定が必要です。

オンライン発表を利用することを選択しても、公式認定証(紙ベース)も郵送で受け取れます。インターネットで試験を申し込まれているのでしたら、ぜひともオンライン発表も利用しましょう。

テスト結果をインターネットで見るためには?

インターネットで申し込み、さらに、結果発表をインターネットで確認する設定にした場合のみ、オンライン発表を閲覧できます。

インターネットで申し込み時に、テスト結果をインターネット表示で利用する設定にしておく必要があります。

具体的には、「テスト結果のインターネット表示」の項目で、「利用する」を選択します。

TOEIC Square には、こちらからログインできます。

インターネット発表はいつ?テストから何日後?

2019年10月のTOEIC L&R 第244回公開テストより、試験日から17日後にインターネット上でスコアを確認できるようになりました。

以前は、試験から22日後が多かったですから、5日早く結果を知ることができます。

結果を早く確認できるのは、嬉しいですね。

TOEIC点数アップ体験談は、メルマガでお届けしています。

祝日、ゴールデンウィーク、その他連休、年末年始などが入る場合

日米の祝日の影響により、遅れる場合があります。

これまでも、祝日、連休などが入る場合は、通常よりも遅れる場合が、多かったですが、公式ページに記載されました。

アメリカの祝日の影響も受けるというのが、意外でした。^^;

インターネットでの結果発表は何時ごろ?

インターネットでの結果発表は、大体、昼くらいのことが多いです。

最速、最短で結果を知るための、ちょっとした裏技

TOEICスクエアで結果が発表されると、メールでお知らせが届きます。

ネット発表は、大体昼くらいのことが多いですが、お知らせメールが届く時間はマチマチです。

数万人単位の人にメールを送るのでしょうから、同じ時間に送るわけには行かないのでしょう。

当然ですが、メールでお知らせが届く前に、TOEICスクエアでは、閲覧可能になっています。

一刻も早く結果が知りたい場合は、TOEIC公開テストのオンライン発表日には、メールが届いていなくても、TOEICスクエアにログインして、確認されると、少しだけ早く結果を見ることができます。

 

マニアックな話:インターネットでの結果発表の時期の変遷

2019年10月以降のTOEICテストの発表は、原則として試験日の17日後になります。

それまでは、公式ページによると「発送予定日の約1週間前からインターネットでスコアを確認することが可能です。」とされていました。

2019年4月の結果までは、オンラインでは、TOEIC公開テストの約3週間後の月曜日に結果がわかる場合が多かったです。テストの22日後です。

2019年5月のテストのインターネットでの結果発表は、これよりも早い、2週間と5日の金曜日でした。テストの19日後です。

続く6月のテストのオンライン結果発表もテストの19日後と、早かったです。

7月のテストの結果は、お盆休みの影響か、特に早く発表されることもなく、通常通りテストの22日後でした。

9月のテスト結果は、〇〇日後でした。

結果が届かない、遅すぎる場合の対処法

引っ越しした場合は、住所変更の届け出をしましょう。

メールが届かない場合

迷惑メールフォルダをチェックしてみましょう。

ネットで発表を見るためには、申し込み時に、インターネット申し込みをし、結果発表をインターネットで確認する設定にする必要があります。

公式認定証の未着・再発行

公式認定証が未着の場合は、試験日から35日以降64日以内に問い合わせる必要があります。

なお、再発行の場合は試験日から2年以内に問い合わせる必要があります。

要注意!TOEICスクエアで結果の履歴を閲覧、確認できる期間

TOEIC公開テストの結果を、インターネット(TOEICスクエア)で閲覧、確認できる期間は、2年間です。

ブログ、メルマガ読者さんのTOEICテスト結果2018年、2019年版

これまでにご報告いただいたTOEIC結果を、メルマガでご紹介させていただいています。もちろん、ご了承いただいた場合のみです。

600点を達成された方も、900点を達成された方もいらっしゃいます!

体験記の一部は、本サイトの記事でもご紹介しています。

600点台を達成したメルマガ読者さんの声

900点を突破したメルマガ読者さんの声

 

TOEICテストの結果発表について、よくある質問

TOEIC公開テストの結果のインターネット発表はいつですか?

原則として、TOEIC公開テストの試験日から17日後にインターネット上でスコアを確認できます。ただし、日米の祝日がある場合は、発表日が変更となる場合もあります。

TOEIC公開テストの結果のインターネット発表は何時頃にありますか?

時間については公式にはコメントされていません。だいたいは昼くらいにWeb で確認できます。メールでお知らせが届きますが、サイトでは、それよりも前に確認できる場合も多いです。

TOEICのテスト結果は、Webで全員に公表されるのですか?

インターネットで申し込み、さらに結果発表をインターネットで確認する設定にした場合のみ、オンライン発表を閲覧できます。また、結果を閲覧するためにはIDとパスワードが必要です。閲覧できるのは、ご自分の結果のみです。

郵送でのTOEIC結果発送日は、いつですか?

大体、公開テスト日から30日後です。郵送での結果発送予定日は、TOEIC公式サイトで公表されています。

 

 .

TOEIC初心者が100点アップするための7つの法則 初心者のみならず、中級者にもご好評いただいています。 TOEIC初心者が100点アップするための7つの法則
新形式TOEICパート7対策の10週間講座

田村恵理子 TOEIC対策の英語レッスン 医学部系予備校講師、特許翻訳を経てフリーランス英語講師。英検1級TOEIC満点。
生徒さまの実績 ・1年以上900点の壁を超えられなかった方が、3ヶ月で925点 ・1年以上ベストスコアを更新できなかった方が120点アップで700点台 ・数年間600点の壁が越えられなかった方が、2ヶ月でいきなり695点
この他にも多数のTOEIC点数アップの体験談はメルマガでお届けしています。 英語力もスコアも上昇した30人の物語
北海道、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、静岡、新潟、石川、富山、愛知、兵庫、愛媛、大阪、奈良、三重、香川、広島、山口、宮崎、福岡、鹿児島からご受講いただいています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP