TOEIC時間配分は、新形式TOEICテストになってどう変わったでしょうか?

● TOEIC時間配分は、新形式TOEICテストになってどう変わったでしょうか?

こんにちは。田村恵理子です。

TOEICテストは、3ヶ月で100点スコアアップできますよ。

転職!手当アップ!昇進!英語でお仕事!

あなたの、TOEICテストの先の目的は何ですか?

そのために必要なTOEICスコアは、サクッと達成しましょうね。

そのためには、時間配分も重要ですね。

TOEIC公開テストは、2016年5月から新形式になりました。

TOEICのipテストは、2017年4月から新形式になります。

新形式になって難しくなった、時間配分がうまくいかないという声をききます。

新形式TOEICテストでは、パート7の長文の問題の数が増えたのですよね。

これまでになかった3文書の問題も入りました。

つまり、読む文書の数が増えたのです。

時間配分が難しくなった、解き終わらないとお感じかもしれません。

大前提として、すべての問題を解きおわらなくても良いのです

特に、800点までを狙う場合はパート7が全部終わらなくても、気にしなくて大丈夫です。

ただし、時間内にできるだけ沢山の問題を解いた方がよいのは当然ですよね。

TOEICテストは、受け方を変えるだけでも、スコアが変わります。特に時間配分は大切です。

それでは、どのように各パートに時間を配分すればよいのでしょうか?

時間配分のコツは、パート5やパート6で考え込まないことです。

考え込みそうになったら、サッと勘でマークして次の問題に進みましょう 。

パート7に、たっぷり時間を配分できるように、パート5、パート6の頻出の問題は、見てすぐに解けるぐらいだと理想的です。

「感覚的にサラッと当てはめて正答できるようになりました。」

感覚的にサラッと解けるようになると、時間配分にも余裕が持てますよね。

私は田村先生の教材を購入する前から、iknowというアプリを使ってTOEICの勉強をしていたのですが、

和文を見て、ばらばらになっている単語を組み立てて一文を作る問題が苦手でした。

ところが「マニュアル」に従って勉強を始めてから、和文を見なくても、また 単語そのものの意味が分からなくても、

感覚的にサラッと当てはめて正答できるようになりました。

明らかに、力がついてきたという実感が持てると嬉しいですね。

「新形式TOEICテスト対策マニュアル」の特典のポイント解説音声セミナについて、いただいたご感想です。

ちなみに時間配分というと「TOEICの各パートを何分で解けばいいのか?」気にされる方も多いですが、最適な時間配分は人によって違います。

目安は、あくまで目安です。人によって英文を読むスピードが違いますので、時間配分も人によって違うのですね。

目安としてあげられた時間配分にとらわれないようにしましょう。

TOEICテストの時間配分で心がけるべきは、パート5とパート6は、できるだけ早く解く!ということです。

その上で、ご自分に最適な時間配分を組み立てて、ご自分は、パート5を何時何分までに解く!と目安を決められるのは、構いません。

あくまでご自分にとって最適な時間配分です。

テストを受ける際の時間配分について、英検とTOEICで決定的に違う点があります。

英検は、級によってテスト問題が違います。当たり前ですよね。

ところが、TOEICは、様々なレベルの受験者が、同じテストを解くのです。

600点がターゲットの場合も、900点がターゲットの場合も、同じテストです。

つまり、狙うレベルによって、解かなくてもよい難しい問題があるということです。

600点を狙う場合は、600点レベルから見て難しい問題はドンドンとばしてよいのです。当然、時間配分もレベルによって違います。

あなたが解ける問題で、確実に点を取るのがポイントですよ。

TOEICテストは、3ヶ月で100点スコアアップできます。

そして、早くTOEICの先のステージに進んでくださいね。

がんばるあなたを応援しています。

TOEICでサクッと目標点をとる方法は、メルマガも参照してくださいね。

メルマガには、この記事の下のフォームからもご登録できます。



TOEICテスト勉強法!3ヶ月で100点アップする方法メールマガジン登録フォーム
苗字(本名)  *

苗字のみで結構です。ご本名でお願いします。
メールアドレス  *

東京、青山一丁目、渋谷、表参道、新宿三丁目、麻布十番、横浜、スカイプ、ズームで短期集中トイック対策のコンサルティング、レッスンをしています。新形式TOEICテスト対応。

トーイック対策リーディング、リスニング、スピーキング、通訳案内士、英語プレゼンテーション、ピッチ、ビジネス英語、初心者からのマンツーマン英会話。オンライン・レッスン可。

このブログの記事をメールで受信できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加