TOEIC日程と時間2017年・2018年版

● TOEIC日程と時間2017年・2018年版

こんにちは。田村恵理子です。

TOEICテストは、3ヶ月あれば100点スコアアップできます。

ただし、TOEIC公開テストは、申し込み締切日から実際のテストの日まで、そして、結果発表の日まで、かなり間があります。

今すぐではなくても転職を考えられている場合、早めに動かれることをオススメします。

しっかり日程をチェックして、スケジュールに入れておきましょう。

この記事では、TOEIC公開テストの日程と、申し込みから公開テスト、結果発表までのタイムスパンについて、ご説明します。

TOEIC公開テストの日程2017−2018年度版

TOEIC公開テストは1年に10回

TOEIC公開テストは1年に10回開催されています。

ほぼ毎月です。ただし2月と8月はTOEIC公開テストはありません。開催地によっては、10回開催されていない場合もあります。

TOEIC公開テストの日程2017年度(平成29年度):申し込み、試験日、結果

2017年度のTOEIC公開テストの日程と申し込み〆切の日程は、以下の通りです。

正確な情報はTOEIC公式ページでご確認ください。

2017年TOEIC公開テストと申し込み〆切の日程

第225回 2017年11月19日:申込〆切済

第226回 2017年12月10日:申込〆切済

第227回 2018年1月28日:ネット申込期限12月14日15時、結果発表2018年2月27日

第228回 2018年3月11日:ネット申込期限1月30日15時、結果発表2018年4月10日

TOEIC公開テストの試験日は全て日曜日です。

コンビニでの申し込み期限は、インターネット申込期限の前日までです。

TOEIC公開テストの日程2018年(平成30年):申し込み、試験日、結果

2018年のTOEIC公開テストの日程と申し込み〆切の日程は、以下の通りです。

正確な情報はTOEIC公式ページでご確認ください。

2018年TOEIC公開テストと申し込み〆切の日程

第227回 2018年1月28日:ネット申込期限12月14日15時、結果発表2月27日

第228回 2018年3月11日:ネット申込期限1月30日15時、結果発表4月10日

第229回 2018年4月8日:ネット申込期限2月27日15時、結果発表5月8日

第230回 2018年5月20日:ネット申込期限4月3日15時、結果発表2018年6月19日

第231回 2018年6月24日:ネット申込期限5月15日15時、結果発表7月24日

第232回 2018年7月29日:ネット申込期限6月19日15時、結果発表8月28日

第233回 2018年9月9日:ネット申込期限10月9日15時、結果発表7月24日

第234回 2018年10月28日:ネット申込期限8月28日15時、結果発表11月27日

第235回 2018年11月18日:ネット申込期限10月9日15時、結果発表12月18日

第236回 2018年12月9日:ネット申込期限10月30日15時、結果発表月日2019年1月8日

TOEIC公開テストの試験日は全て日曜日です。

コンビニでの申し込み期限は、インターネット申込期限の前日までです。

2017年(平成29年度)過去のTOEIC公開テスト日程

実施済みの過去のTOEIC公開テストの日程も、2017年の分を掲載しておきます。

過去のTOEIC公開テストの日程

第217回 2017年1月29日:実施済み

第218回 2017年3月12日:実施済み

第219回 2017年4月9日:実施済み

第220回 2017年5月21日:実施済み

第221回 2017年6月25日:実施済み

第222回 2017年7月23日:実施済み

第223回 2017年9月10日:実施済み

第224回 2017年10月22日:実施済み、結果発表11月21日

TOEIC公開テストの試験日は全て日曜日です。

コンビニでの申し込み期限は、インターネット申込期限の前日までです。

TOEIC公開テストの申し込みから結果発表までのタイムスパン

申し込み締め切りから結果発表までは、だいたい2ヶ月半ほど、かかります。ただし、回によって違います。

TOEICの申し込み締め切りから、トーイック公開試験までは、40日から2か月ほどです。受験票はTOEIC試験日の約2週間前に発送予定です。

トーイック公開試験日から、結果発送日までは、だいたい1か月くらいです。

TOEIC公開テストの日程変更はは可能?

TOEICリスニング&リーディングテストの申し込み締め切りは、公開テスト日の40日から2か月ほど前になります。申し込み後に都合がつかなくなることも、あると思います。

私自身も、1年に1回くらい、申し込んだものの行けなくなくなってしまうことがあります。

残念ながら、決済手続きを完了したTOEICリスニング&リーディングテスト公開テストの日程変更やキャンセルはできません。

TOEICテストをインターネットで申し込んだ際に、申込受領通知メールが送られてきます。申込受領通知には「申込後の『試験日の変更』『申込者の変更』『受験料の返金』はできません。」と書いてあります。

TOEICスピーキング&ライティングテストは、申込期間中であれば日程変更は可能です。ただし費用はかかります。会場変更も申込期間中であれば有料で可能です。

申し込み締め切り期限前でしたら、日程変更の手続きも検討の余地があります。

TOEIC公開テストの試験時間

トーイック公開テストの試験時間は120分です。受付時間、開始時間、終了時間は、下記のようになっています。

集合・受付開始 11:45

受付終了 12:30

音量テストや試験の説明など 12:35

リスニング試験13:00から13:45

(リスニング試験時間 約45分)

リーディング試験13:45から15:00

(リーディング試験時間 約75分)

トーイック試験終了15:00

解散(予定)15:15

時間は、若干前後します。

それでは、何月のTOEICテストを受験すれば良いでしょうか?

いつまでに、TOEIC目標スコアを達成するか?考えて、逆算すると、計画を立てやすいです。例をあげておきます。

4月に、上司との目標設定の面談で、TOEICスコアの目標を設定した場合

年度中に結果が欲しいのでしたら、1月のTOEIC公開テストが、最後になります。

今から申し込む場合、あと何回、TOEIC公開テストを受けることができるか、日程をチェックしておきましょう。

お仕事や、ご家族、プライベートなどの予定もあるはずです。毎回、受けられるとは、限りません。

いつTOEICテストを受けるのか?早めに決めてスケジュールに入れておきましょう。

年度中の転職をお考えの場合

TOEIC公開テストは早めに受験

TOEIC公開テストは、申し込みから、結果発表の日まで、時間がかかります。

申し込み締め切りから結果発表までは、おおむね2ヶ月半ほど、かかります。回によっても、この期間は違います。

年度中に転職したい場合は、おそくとも10月までには公開テストを受験しておかれた方が、よさそうです。

TOEIC IPテストの利用も一案

トーイックIPテストを利用するのも手です。

英語スクールや、大学、企業などでTOEIC IPテストを受ける機会があるようでしたら、チェックしてみましょう。IPテストの方が一般的に、TOEIC公開テストよりも結果が出るまでの期間が短いです。

なお日本では、公開テストは2016年5月のテストから、新形式テストとなりましたが、TOEIC IPテストも2017年4月1日から新形式テストとなっています。

テスト形式は、TOEIC公開テストも、IPテストも同じです。

まとめ

いかがですか?

TOEICテストは、申し込みから結果を手にするまで、意外と時間がかかります。

早めにTOEIC公開テストの日程をチェックして、いつ受験するか決めておくことが、ポイントです。

サクッとTOEIC800点を達成して、TOEICの先の目標に進むと、決めましょう。

受験する日を決めたら、後はメルマガに書いてある通りに進めればオッケーです。

メルマガでは、3か月でTOEIC100点アップするコツをお届けしています。

メルマガには、この記事の下のフォームからも、ご登録できます。



TOEICテスト勉強法!3ヶ月で100点アップする方法メールマガジン登録フォーム
苗字(本名)  *

苗字のみで結構です。ご本名でお願いします。
メールアドレス  *

東京、青山一丁目、渋谷、表参道、新宿三丁目、麻布十番、横浜、スカイプ、ズームで短期集中トイック対策のコンサルティング、レッスンをしています。新形式TOEICテスト対応。

トーイック対策リーディング、リスニング、スピーキング、通訳案内士、英語プレゼンテーション、ピッチ、ビジネス英語、初心者からのマンツーマン英会話。オンライン・レッスン可。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加