英語の勉強法:中学、高校の英語の英語が、英会話につながらない!

● 英語の勉強法:中学、高校の英語の英語が、英会話につながらない!

こんにちは。田村恵理子です。

英語の勉強法も色々です。どの方法がよいのかは、もちろん、人によって違います。

あなたにとっては、どの方法が合っているのでしょうか?

様々なお仕事の方に、どのように英語と関わってきたのか?英語の勉強方法や、これまでの体験について、インタビューさせていただいています。

100人の英語ストーリーその5です。

「不登校引きこもり克服!子供が自信を取り戻し学校に行く秘訣」の松ゆかこさんです。

英語の勉強法:中学、高校の英語の英語が、英会話につながらない!松さん

松さんは「私、英語できないから。。。」と言われます。

実は、日本人は、ほとんどの方が英語はできないと言われます。日本人の控えめな、奥ゆかしさが、自信のなさにつながってしまっているのかも、しれません。

松さんも、中高の英語の成績は、良い方だったそうです。

中学時代は英語は好きでも嫌いでも、ありませんでした。

中2で少し成績が下がってしまい、塾に通うことにしました。

その結果、中3のときの英語の成績は5でした!

高校時代のことは、松さんご自身、このように書かれています。

高校時代も、英語の成績はいい方でした。

ただ、大学入試のための受験勉強ということで、楽しみを感じるわけでなく、仕方なく勉強するというものでした。

その分、話せるようになっていたらまだ良かったのですが、全然そうでないので、

だから、解放された今、英語嫌いになったのかもしれませんね。。。

その後、大学生の時、そして、お仕事では英語を使う機会はありませんでした。

今は、ご家族で、たまに、海外旅行に行かれるそうです。

プーケットに旅行したときは、ガイドツアーに参加しました。

ツアーに参加したら、まわりは欧米人しかいませんでした。

ツアー中にその参加者から話しかけられても、理解できなく、会話が通じず、すぐに終わりました。笑

英語が話せたらな~と、その時、久しぶりに感じました。(^^;;

そうそう。海外旅行に行くと、英語に対するモチベーションも、あがりますよね。

松さんのように、中学、高校の英語は得意な方だったけれども、英会話は苦手という場合も、多いかもしれません。

一歩、日本の外に出ると、挨拶と、少々の単語のみで、堂々と英語が話せる!と言い切る人も大勢います。

つたない英語でも、どんどん話しているうちに、本当に上達していくのですよね。

日本でも、中学、高校で英語を勉強したら、旅行先で、ちょっとした会話を楽しめる位になると、いいですね。

必要なのは、図々しさかも、しれません。^^

松さんは、子供が不登校のお母さんのためのヒーリングをされています。

松さんのメルマガ「子どもの不登校引きこもりを克服する方法」は、こちらからチェックできます。

インタビューその30から39のインデックスは、こちらのページで、ご覧いただけます。

英語の勉強法インタビューその30から39

 .

こちらから、TOEIC勉強法10日間メール講座(無料)にご登録できます。お名前は苗字のみご入力ください。
TOEIC勉強法10日間メール講座の詳細はこちらをご覧ください。
TOEIC勉強法メール講座
新形式TOEICパート7対策の10週間講座
TOEICパート4講座

 .

田村恵理子
医学部系予備校講師、特許翻訳を経てフリーランス英語講師。英検1級TOEIC満点。
生徒さまの実績
・1年以上900点の壁を超えられなかった方が、3ヶ月で925点
・1年以上ベストスコアを更新できなかった方が120点アップで700点台
・数年間600点の壁が越えられなかった方が、2ヶ月でいきなり695点
この他にも多数のTOEIC点数アップの体験談はメルマガでお届けしています。
北海道、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、静岡、新潟、石川、富山、愛知、兵庫、愛媛、大阪、奈良、三重、香川、広島、山口、宮崎、福岡、鹿児島からご受講いただいています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP