3ヶ月で100点アップできるTOEICメルマガの詳細はこちらをクリック!

ワーキングマザーの英語、TOEICテストの勉強法!

こんにちは。田村恵理子です。

ワーキングマザーの生徒さまも、いらっしゃいます。

この記事では、ワーキングマザーのTOEICテストの勉強法について、まとめました。

ワーキングマザーが英語を勉強するメリットは?

キャリアアップのための、資格の勉強

私も、勤めていた時は、資格を色々とりました。英検、TOEIC、情報処理試験、法律系の資格など。

資格のおかげで、転職も含めて、かなり恩恵を受けてきたと思います。

子供が小さい時期は、社会人としても、キャリアアップの時期とも重なります。仕事に直結する資格は、とっておいて損はないですよね。

自分のためだけの時間を持つ喜び

私も、子供が小さい頃の一時期、韓国語を習っていたことがあります。

月1、2回ほどだったと思いますが、私にとって、憩いの時間でした。

仕事の後、つかれていても、レッスンに寄ってから帰ると、むしろ、元気になりました。

小さい子のお母さんにとって「自分だけのための時間」は、それほどにも貴重なのですよね。

そして、時折でも、そんな時間を持てると、もっともっと子供が愛しく感じられたりも、します。

自分のための時間をとり、何かを学ぶ楽しさという意味で、純粋に、自分の好きなことを学ぶのも良いものです。

勉強時間の確保が、大変!

子育て世代は、働き盛りの年代でもあります。職場でも、責任があるポジションにつき、やりがいもあると共に、忙しくもなります。

勉強時間が、取れる時も、取れない時も、あるでしょう。

そして、子供はあっという間に大きくなりますから、子供と過ごす時間も大切にしたいものです。

焦らずに、継続することがポイントかなと思います。

ワーママの育休中の英語の勉強については?

育休中の勉強方法については、こちらに書いています。

ワーキングマザーの1ヶ月半で125点アップ!体験談

パート7講座も最終週に入り、なんとか続けられたことにほっとしているタイミングで1月に受けたTOEICの結果が返ってきました。

1月にテストを受けた際は、リスニングは聞けないし、リーディングは終わらないしで、

すっかり打ちのめされ、同じ教室で試験を受けた人の中で自分が一番出来ないのではないかとすら考えながら帰ってきました。

そのため、今日の結果を見るのも怖く、頼むから5点でいいから600点を超えていてほしいと願いながら、点数を確認しました。その結果、なんと695点でした。

何年も超えられなかった600点がこんな形で超えられただけでなく、

もう少ししたら700点も狙えるのではないかという点数で、びっくりしすぎて実感がありません。

モチベーションが保てないことで悩んでいた際に、少しずつでもすすめていくことで、

いつか結果に結びつくという先生のアドバイスをいただき、なんとか勉強を続けてこられました。

本当にありがとうございました!

12月頭から講座をスタートして、1月のTOEICで念願の600点台達成です。1ヶ月と少しで100点以上アップです!

この方も、お仕事と子育ての合間に時間をつくって勉強されました。努力が実って本当によかったです。

華々しい結果の裏には、地道な努力がありました。

こうも書かれています。

いつも他の方の報告メールを見ては、きっと元々英語が得意じゃないと

そんなには上がらないんだろうなぁ…と少しいじけた気分で見ていたので、

なんだか信じられない気持ちです。

この方は、スコアだけ見ると講座開始から1ヶ月半ほどで125点アップと、華々しい結果ですが、実はその前に、勉強しつつも何年も600点を超えられない時期がありました。その時期に積み重ねたことが、一気に花開いたのですね。

ワーキングマザーの生活は、することがたくさんあります。決して、焦らないでください。

今、勉強しているのに停滞しているとしても、これまで無駄なことをしていたのでは、ありません。地中に深く根を張っていたのです。

必ず、花開くときがやってきます。

この方が、ご購入くださった教材は、こちらです。